浮気調査でバレないGPS機能付きの浮気防止アプリはどれですか?

「ケルベロス」や「mSpy」などの浮気防止に使えるアプリがいくつかあります。浮気防止アプリで浮気調査ができるのか解説します。

GPS機能付きの浮気防止アプリで浮気調査は出来るのか?

恋人や夫婦の浮気を自分で調べたいという方は、どんな方法で浮気を調べたらいいか悩んでいませんか?

恋人や夫婦の浮気を調べる方法はいくつかありますが、バレない浮気調査の方法というと難易度が高いように感じます。

その浮気調査の方法で、バレる確率の低い方法というのが、浮気防止アプリを使う方法です。

浮気防止アプリを使えば、スマホのGPS機能からパートナーの居場所を調べることもできます。

浮気調査を自分でやりたいと考えている人は、浮気防止アプリで浮気を調べる方法を検討してみてはいかがでしょうか。

浮気防止アプリとは

浮気防止アプリで浮気調査をするとはいっても、どんな浮気防止アプリがあるのか知らない人も多いでしょう。

まずは、どんな浮気防止アプリがあるのかをご紹介したいと思います。

ケルベロス

ケルベロスは浮気防止アプリとして最も有名なアプリのひとつです。

ケルベロスはAndroidスマートフォンのセキュリティアプリとして使われる物です。

セキュリティアプリとはいっても、パソコンのセキュリティソフトのように、ネットワークやソフト面でコンピュータウィルスの防ぐための物ではなく、物理的にスマホのセキュリティを施すための物と考えてください。

例えば、スマホが盗難されたり、紛失した場合に、スマホが他人に操作されないようにロックしたり、スマホの現在地を調べることができます

浮気防止アプリとして使う場合、このケルベロスを使いスマホのGPS情報から現在地を調べることができます。

浮気している人のスマホにケルベロスをインストールしておけば、自宅のパソコンのインターネットブラウザからケルベロスの管理画面を開き、GPS情報の確認ができます。


mSpy

浮気防止アプリを利用すれば、浮気をしているパートナーの動向を詳しく調べることができます。

それこそ浮気防止アプリのGPS機能を使えば、浮気現場を特定することも不可能ではありません。

スマホの現在地から浮気現場を特定することで、パートナーがいつ何処へ行っていたのかを問い詰めて、浮気をやめさせるように交渉することもできます。

また、浮気防止アプリは、GPS機能以外にも様々な機能を持っています

mSpyでは、スマホにインストールされているメッセージアプリをmSpyから監視することができます。

メッセージアプリとは、LINEやMessenger、skypeなど、同じアプリを持つ相手とコミュニケーションを取るためのアプリです

浮気をしている人は、このメッセージアプリやSNSを使い浮気相手と連絡を取り合っていることがあります。

そのため、mSpyでこれらのメッセージアプリを監視することができれば、パートナーと浮気相手の会話の内容を調べることができます。


Prey Anti Theft

    ※2019年9月現在、「Prey Anti Theft」は
  • iOS版:Prey Find my Phone Tracker GPS
  • Android版:Prey Anti Theft: Find My Phone & Mobile Security
  • として配信されています

Prey Anti Theftは、スマホを紛失してしまったり、何者かにスマホを盗難されたとき、スマホの現在地を調べるためのアプリです。

紛失や盗難などのトラブルに対して、スマホの現在地を調べるだけでなく、スマホの機能を遠隔操作して、カメラの撮影から、アラーム音の発信といった周囲の人間に異常を知らせる、またはスマホを発見してもらうようにするための機能が充実しています。

このPrey Anti Theftでも、浮気をしている人のスマホにインストールしておいて、GPS機能を使い位置情報を調べるという使い方ができます。

また、Prey Anti Theftはスマホが盗難された場合に備えるアプリであるため、スマホを盗難した犯人にPrey Anti Theftの存在気づかれないようにする「ステルス機能」というのがあり、アプリを持っている人にバレないで位置情報を調べることに使えます。

Life360

家族や友人の情報をLife360に登録しておくことで、登録した人の位置情報と自分のスマホの位置情報をLife360のアプリ上で確認することができます。

Life360は子供や夫婦、家族の安否を確認するためのアプリとして使われています

浮気防止アプリとしてLife360を使うなら、「もしも地震が起こったときに居場所の確認をしたいから」、「災害のとき集合場所を決めたいから」といった理由を使えば、怪しまれることなく、相手にアプリのインストールを勧めることができます。

実際に、Life360を使い、災害時の安否確認で使われたり、アプリ内のチャットを使い家族と連絡を取ることに使われています

こうした実績もあるアプリだからこそ、相手に怪しまれることなく浮気防止アプリとしてコッソリとLife360を使うことができます。

キッズマップ

アプリに登録した人の居場所を知ることができるキッズマップは、子供の居場所を調べるためのアプリですが、個人情報の登録をする必要がなく、登録はアプリで発行される登録コードを入力するだけで済みます。

浮気防止アプリとしてキッズマップを使うには、夫婦がお互いに子供の現在地を知るために、キッズマップをスマホにインストールしておく必要があります。

また、このアプリを使用するためには、スマホの位置情報機能をあらかじめONにしておく必要があり、キッズマップは電源が入っているスマホしか現在地を表示してくれないので、浮気先でスマホの電源を切られると現在地がわからないといった不便があります。

他のアプリと比較して現在地を調べるのにしか使えませんから使い方には注意が必要です。

浮気防止アプリの危険性について

浮気防止アプリを使えば、浮気しているパートナーにバレないで、浮気現場を調べたり位置情報を知ることができます。

しかし、万能そうに見える浮気防止アプリですが、問題が無いわけではありません。

浮気防止アプリの問題点として、アプリのインストールは違法になる危険があります。

他人の了解もなく、アプリを勝手にスマホへインストールする行為は違法です。これは例え夫婦であっても同じです。

そのため、浮気防止アプリで浮気しているパートナーの浮気をバレないように調べようというのは難しく、これらのアプリを使いGPSで位置情報を調べようと思えば、パートナーの了解を得てアプリをスマホにインストールしなくてはなりません。

また、浮気防止アプリを相手のスマホに上手くインストールすることができたとして、スマホを自宅に置いたままにして出かけていれば、スマホのGPS情報を読み取ることはできません。

浮気調査として浮気防止アプリの利用は確実性が低いため、アプリの使い方については十分注意が必要です。